お問い合わせ・資料請求
フリーダイヤル 0120-44-1580
24時間対応 フリーダイヤル

お急ぎの方へ

葬儀・お葬式のご相談は、家族葬のせいなんへ


イベント情報

家族葬の服装は一般葬と同じ?参列や弔問前に忘れず確認を

2019年11月01日

一般の葬儀とは異なり、内輪だけで行われる家族葬。故人の身内が中心なので、第三者の目をそれほど意識する必要がなく、服装についても比較的自由とされています。

 

しかし家族葬も葬儀の一種ですから、最低限のマナーには気をつけたいところ。服装や持ち物など、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。

 

ここでは家族葬における服装のマナーについて紹介します。

 

 

家族葬の服装は一般葬と原則同じ

家族葬の服装は、一般葬と大差ありません。ただし厳密に服装が規定されているわけではなく、「常識の範囲内で」黒色や暗い色の服装を着用する必要があります。

 

喪主の服装

喪主の服装は一般的に礼服(準喪服)です。大規模な会葬ではないので、正喪服である必要はありませんが、故人の立場や環境によっては正喪服になることもあり、臨機応変に対処する必要があるでしょう。

 

遺族側は通夜も葬儀も喪服の着用が必須で、正喪服がなければブラックフォーマル(黒いスーツなど)を着るか、レンタル喪服を利用して式に臨みます。

 

男性の服装

第三者として家族葬に参加する場合、男性はシャツ以外は黒色が原則です。上下スーツは柄の入っていない黒色のもの、靴下・ネクタイ・ベルトも黒いものを選びます。

 

メガネもフレームやデザインが派手すぎるものは避けましょう。汚れた靴、破れた靴下の着用は避け、きれいな服装で出席しましょう。

 

女性の服装

女性は黒いスーツもしくは黒のワンピースを着用します。男性と同様に礼服で問題はありませんが、ワンピースは露出の多いものを避け、丈も膝より下になるように注意。

 

バッグと靴は光沢のない布製のもので、デパートなどのフォーマル用品売り場かスーツ専門店で購入できます。奇抜なデザインのものは葬儀にふさわしくないため避けましょう。

 

選び方がわからなければ、専門店のスタッフに聞いておくと間違いがありません。

 

「平服でお越しください」と言われたらどうする?

「平服」とは、フォーマルではない服装のことです。しかし遺族側から平服でと申し出があっても、足腰が悪いなど特別な理由がないかぎり、ラフな服装は避けましょう。

 

男性の平服

男性の平服はダークスーツが原則です。黒のスーツでも問題ありません。ダークグレーなどの地味な色で、無地であれば理想的です。

 

女性の平服

女性の平服はワンピースやスーツ、またはアンサンブルなど。黒やグレーなどの地味な色を選びましょう。光沢や透け感、装飾のないものがベストです。

 

服装のマナーを守る

葬儀では、参列者全員で死者を悼むために、黒もしくは地味な色の服装が基本となります。学生さんなら制服が喪服代わりとなりますが、制服がなければ黒色の服を着用するのが基本です。

 

季節によっては半袖やアウターを用意する必要がありますし、寒さ対策にカーディガンを羽織ることもあります。いずれも黒色なら問題ありませんので、必要派手にならないものを一着用意しておくと安心です。


せいなんのお葬式のご案内
せいなんのお葬式プラン
火葬式プラン
1日葬プラン
家族葬プラン<せいなんSKホール>
家族葬プラン<せいなんSKリビング>
公営プラン
おもてなし費用
絆くらぶについて
お知らせ
運営会社について

© 2017 Seinan All Rights Reserved.

ページトップへ