「ふくさ」とは何ですか?

贈り物の金品を包んだり覆うことに使用する儀礼用絹布をふくさ(袱紗)といいます。
元々は貴重品などをいれていた箱の上にかけられていた風呂敷が、贈答品を運ぶ際に日焼け防止として使用されたのが始まりと言われています。現在ではおもに冠婚葬祭の際に熨斗袋を包む用途として使われており、葬儀においては香典袋を包むのに使用されます。

事前相談はこちら>