八富成田斎場での葬儀費用はいくらかかる?相場は?

■八富成田斎場の葬儀費用について

今後のことも考えて自分自身葬儀場をどうするのか考えている方もいるでしょう。
千葉県成田市で検討されている方は、費用も良心的でサービスの質も高い八富成田斎場がおすすめです。
八富成田斎場での実際にかかる費用がいくらで、相場と比べてどうなのか気になるところです。
こちらでは相場よりも高いのか、詳しい費用について紹介していきます。
プランは4つあり、どのように葬儀を行っていきたいかで決められます。
曖昧な金額になっているものはなく、総合的な費用の中に何のサービスが対象になっているのかも明確明瞭です。
ほとんど何か特別なことを行う必要がなく、火葬を行いリーズナブルな値段で終わらせたいと考えている方は、通夜告別式を行わないプランがおすすめです。
病院や自宅などでお亡くなりになった後お迎えをし、ご安置、火葬を行います。
価格は通常は261,000円になりますが、会員価格は231,000円と安くなります。
検討されている方は、早めに会員になりいざというときに安く利用できるようにしておきましょう。
火葬のみを行うプランにはなりますが、病院などから直接火葬へ行く直葬プランと自宅で一旦安置しお参りする備品を備えた火葬式プランが選べます。
通夜は行わなくてもいいけれど、告別式はしっかりと行いたいと考えているときには、通夜を行わない家族葬プランがおすすめです。
こちらは通常価格が520,000円ですが、会員価格になると396,000円と100,000円以上も安くなりますので、検討されている方は会員になっておきましょう。
お通夜はしないものの、葬儀や告別式から火葬までしっかりと行っていき、すべてが1日で終わるプランになっています。
遠方から来る場合や高齢の方で何回も参加するのが大変だと考えている方も、すべてが1日で済み比較的参加しやすいプランとなっています。
しっかりと本来お葬式で行うすべての流れを行いたいと考えている方は、通夜、告別式を行う家族葬プランを選んでください。
通常価格は517,000円ですが、会員価格になると473,000円となりこちらも安くなりますので、ぜひ会員になっておきましょう。
お迎えからご安置、通夜式、告別式、火葬まですべてを行います。
おもてなしの費用以外は追加料金も発生しない安心なプランです。
町内の方や会社の方など多数呼びたいと考えている方は、一般葬を選びましょう。
葬儀に必要なものが含まれた価格は通常価格が517,000円で、会員価格が473,000円になり、家族葬と同じ価格でできリーズナブルです。
ご友人やご町内の方などさまざまな方を呼びたいと考えている方は、ぜひこちらを選びましょう。
喪主様の職場の方が参列されるような場合も対応ができ、おもてなし費用を除いたほかの費用が追加で発生しないので安心です。

■葬儀場の相場は一体いくらくらいなのか?

八富成田斎場と比較すると、相場はどのくらいかも気になるでしょう。
だいたい全国の平均で葬儀費用は1,100,000円から1,200,000円くらいで、それぞれの葬儀内容でも差があります。
そしてこちらはスタンダードなものしか含まれていないため、戒名料などの費用や参列者に振る舞う飲食代などは含まれていないので、実際には細かい費用も入れるとこれ以上になります。
細かい費用も加味すると、2,000,000円くらいかかるのが平均にもなっているのが現状です。
それに比べると、八富成田斎場で用意しているプランはリーズナブルな設定になっていて良心的だといえます。
特に家族葬の費用の相場は1,500,000円前後かかるとも言われていますので、それに比べると八富成田斎場の4つのプランの中で一番高いものでも600,000円以内で済みますので安いです。
一般葬を行う方もいますが、最近は家族葬でお葬式を行う方が増えてきています。

■八富成田斎場の特徴

葬儀場の中でも大きく大人数でも収容可能ですので、友人や職場の人などを呼びたいという場合におすすめです。
八富成田斎場は千葉県内の成田市、八街市、富里市の3市で管理している公営葬儀場となっています。
120席や100席収容可能な式場も用意できますので、人数もいて小さい葬儀場では難しいと感じられている方はぜひ相談してみましょう。
清潔感もあり、しっかりと掃除も行っていますので安心して利用できます。
自然も周りに多く、近くには広場やテニスコートがあります。
慌ただしくうるさい環境ではないので、ゆっくりとした気持ちで故人と最期のお別れができるでしょう。
火葬場もあり、控え室もありますのでゆっくりと過ごせます。
最近ではこちらのお部屋で収骨までの時間精進落としをする方も増えています。
多目的の待合ロビーもありますし、人数葬儀場に呼んだとしても駐車場も広く150台以上停められるので安心です。

■相談を何回でもできる

葬儀は決して安い価格ではないので、しっかりと相談して納得したものにしたいという方は多いでしょう。
一度決めても自宅に帰ってから疑問点が出てきてしまった場合やほかにも良いと思ったことがあり相談したい場合は、気軽に聞くようにしましょう。
八富成田斎場では、お客様が納得したうえで葬儀ができるように、しっかりと相談を重ねたうえでどんなプランにするか提案してくれます。
簡単な説明だけで1回話をしたら終わりというわけではないので、安心して相談できるでしょう。
見積もりはしっかりとどのくらいの規模で行いたいのかヒアリングし、参列者数やプランごとに細かく提示も行います。
料金や行うプランが明確明瞭ですので、安心して頼めます。

■ゆっくりとした時間の中で葬儀ができてコロナ対策もバッチリ

葬儀のときは実際に時間もなく大変ではありますが、そんな中でも家族でゆっくりと故人との思い出を語りながらお見送りができる環境が整っています。
不安にならずに葬儀ができるように、新型コロナウイルスの対応策としてさまざまなことも行っていますので安心です。
ご高齢や持病のある方は参列を見合わせることも検討してもらい、会場も感染しないように小まめに換気を行っています。
特に窓やドアは小まめに開け、空気がこもらないように対策を行っているのです。
ほかにもソーシャルディスタンスを保つために、時間差で焼香をしており、遺族の負担にならないように滞在時間の短縮も行っています。

成田市、富里市でスムーズに家族葬を行うには事前相談がおすすめ

■公営斎場ならより低コストで安心の家族葬が可能

成田市や富里市にお住まいの方がコストを最小限に抑えて、納得のいく家族葬を実現したいなら、八富成田斎場を利用されるのがおすすめです。
八富成田斎場は成田市吉倉にあり、成田市・八街市・富里市で管理運営されている公営斎場です。
八富成の市が対象という、わかりやすいネーミングになっています。
これらの3市のいずれかにお住まいの方が亡くなった場合や喪主または施主が住民登録をされているる場合にはは、火葬料金がかかりません。
火葬を待つ間の待合室も1室用意され、無料で荼毘にふせるので、極めて低コストです。

■家族葬も低料金でメリットがたくさん

火葬だけでなく、家族葬を行いたい場合、八富成田斎場内にある式場を利用できます。
100名以上が参列できる第一式場と、100名以下向けの小さ目の第二式場が用意されています。
第一式場の市民料金は2時間で10,000円程度、遺体安置や通夜から告別式の利用で午後9時から翌日の午前9時にかけての夜間利用は20,000円程度です。
第二式場は2時間なら7,500円程度、夜間利用でも15,000円程度に収まります。
この点、市民以外が利用すると3倍あまりの料金がかかりますので、成田市、富里市にお住まいの方が利用されれば、断然お得な費用で利用できることになります。
式場の利用には宗教や宗派による制限もなく、無宗教の方のお別れ会なども開催可能です。
式場と火葬場が同じ施設内にありますので、民間式場とは異なり、告別式を終えた後にそのまま徒歩で火葬場に向かうことができるのも便利です。
ご遺体は専用棺台車で大切に運ばれます。
民間の式場を使うと、火葬場まで霊柩車やマイクロバスで移動する必要が生じ、その分コストもかさんでしまいますが、車両コストも抑えることができるのも大きなメリットです。
離れた場所からマイカーでお越しになった親族の方にとっては、不案内な地域での移動は分わかりにくく、間に別の車が入り込み、霊柩車の姿を見失って、火葬場までなかなかたどり着けなくなるといったトラブルも起こりやすいため、式場と火葬場が一体化している公営斎場はメリットが大きいです。
火葬を待っている間に会食する機会も持てますので、家族葬にも役立ちます。

■祭壇や会食のサポートは民間の葬儀社にお任せ

公営斎場では式場や待合室を貸してくれることと丁寧なサポートをしてくれる斎場の職員が火葬を行ってくれるのが基本サービスとなり、祭壇の準備や僧侶や牧師などを手配しての式の進行、会食の手配などは各自で行うことが必要です。
もっとも、突然亡くなられて気持ちも落ち着かず、バタバタしているときに自分たちだけで何から何まで行うのは大変な作業になってしまいます。
公営斎場の利用でも、民間の葬儀社のサポートを受けることは自由です。
八富成田斎場の利用窓口ともなっている地域で信頼ある葬儀社に依頼すれば、滞りなくスムーズな家族葬を行うための全面的なサポートが受けられます。

■事前相談をしておけばさらにスムーズ

葬儀社はプロですので、突然の依頼でも速やかに対応でき、ご家族やご親族が悲しみに暮れている間も、希望に応じた内容ですべてお膳立てをして式を進めていくことができます。
もっとも、安心して納得のいく家族葬を行いたいなら、事前に相談しておくのが安心です。
喪主となられる予定の方でも良いですし、葬儀を取り行う予定のご本人の生前相談やご家族揃っての相談にも対応しています。
近年は自分の葬儀についてしっかりと決めておきたいという方の生前相談が増えていますが、亡くなられて家族葬を実現するのは残されたご家族となるため、ご家族揃って事前相談するのが最も望ましい形です。

「ふくさ」とは何ですか?

贈り物の金品を包んだり覆うことに使用する儀礼用絹布をふくさ(袱紗)といいます。
元々は貴重品などをいれていた箱の上にかけられていた風呂敷が、贈答品を運ぶ際に日焼け防止として使用されたのが始まりと言われています。現在ではおもに冠婚葬祭の際に熨斗袋を包む用途として使われており、葬儀においては香典袋を包むのに使用されます。

事前相談はこちら>

お悔やみの言葉として不適切な言葉があります。「重ね重ね」など不幸が重なることを連想させる言葉、「死亡」「急死」など直接的な言葉は使わないように注意しましょう。

不幸が重なることを連想させる言葉(忌み言葉)

「重ね重ね」「たびたび」「ますます」「もう一度」「引き続き」「繰り返し」

直接的な言葉は言い換えをしましょう。

「死亡」「死去」「死ぬ」「亡くなる」⇒「ご逝去」「他界される」
「急死」「事故死」⇒「急なことで」「突然のご不幸」
「生きる」「生存中」⇒「ご生前」「お元気なころ」

事前相談はこちら>