八富成田斎場での葬儀費用はいくらかかる?相場は?

■八富成田斎場の葬儀費用について

今後のことも考えて自分自身葬儀場をどうするのか考えている方もいるでしょう。
千葉県成田市で検討されている方は、費用も良心的でサービスの質も高い八富成田斎場がおすすめです。
八富成田斎場での実際にかかる費用がいくらで、相場と比べてどうなのか気になるところです。
こちらでは相場よりも高いのか、詳しい費用について紹介していきます。
プランは4つあり、どのように葬儀を行っていきたいかで決められます。
曖昧な金額になっているものはなく、総合的な費用の中に何のサービスが対象になっているのかも明確明瞭です。
ほとんど何か特別なことを行う必要がなく、火葬を行いリーズナブルな値段で終わらせたいと考えている方は、通夜告別式を行わないプランがおすすめです。
病院や自宅などでお亡くなりになった後お迎えをし、ご安置、火葬を行います。
価格は通常は261,000円になりますが、会員価格は231,000円と安くなります。
検討されている方は、早めに会員になりいざというときに安く利用できるようにしておきましょう。
火葬のみを行うプランにはなりますが、病院などから直接火葬へ行く直葬プランと自宅で一旦安置しお参りする備品を備えた火葬式プランが選べます。
通夜は行わなくてもいいけれど、告別式はしっかりと行いたいと考えているときには、通夜を行わない家族葬プランがおすすめです。
こちらは通常価格が520,000円ですが、会員価格になると396,000円と100,000円以上も安くなりますので、検討されている方は会員になっておきましょう。
お通夜はしないものの、葬儀や告別式から火葬までしっかりと行っていき、すべてが1日で終わるプランになっています。
遠方から来る場合や高齢の方で何回も参加するのが大変だと考えている方も、すべてが1日で済み比較的参加しやすいプランとなっています。
しっかりと本来お葬式で行うすべての流れを行いたいと考えている方は、通夜、告別式を行う家族葬プランを選んでください。
通常価格は517,000円ですが、会員価格になると473,000円となりこちらも安くなりますので、ぜひ会員になっておきましょう。
お迎えからご安置、通夜式、告別式、火葬まですべてを行います。
おもてなしの費用以外は追加料金も発生しない安心なプランです。
町内の方や会社の方など多数呼びたいと考えている方は、一般葬を選びましょう。
葬儀に必要なものが含まれた価格は通常価格が517,000円で、会員価格が473,000円になり、家族葬と同じ価格でできリーズナブルです。
ご友人やご町内の方などさまざまな方を呼びたいと考えている方は、ぜひこちらを選びましょう。
喪主様の職場の方が参列されるような場合も対応ができ、おもてなし費用を除いたほかの費用が追加で発生しないので安心です。

■葬儀場の相場は一体いくらくらいなのか?

八富成田斎場と比較すると、相場はどのくらいかも気になるでしょう。
だいたい全国の平均で葬儀費用は1,100,000円から1,200,000円くらいで、それぞれの葬儀内容でも差があります。
そしてこちらはスタンダードなものしか含まれていないため、戒名料などの費用や参列者に振る舞う飲食代などは含まれていないので、実際には細かい費用も入れるとこれ以上になります。
細かい費用も加味すると、2,000,000円くらいかかるのが平均にもなっているのが現状です。
それに比べると、八富成田斎場で用意しているプランはリーズナブルな設定になっていて良心的だといえます。
特に家族葬の費用の相場は1,500,000円前後かかるとも言われていますので、それに比べると八富成田斎場の4つのプランの中で一番高いものでも600,000円以内で済みますので安いです。
一般葬を行う方もいますが、最近は家族葬でお葬式を行う方が増えてきています。

■八富成田斎場の特徴

葬儀場の中でも大きく大人数でも収容可能ですので、友人や職場の人などを呼びたいという場合におすすめです。
八富成田斎場は千葉県内の成田市、八街市、富里市の3市で管理している公営葬儀場となっています。
120席や100席収容可能な式場も用意できますので、人数もいて小さい葬儀場では難しいと感じられている方はぜひ相談してみましょう。
清潔感もあり、しっかりと掃除も行っていますので安心して利用できます。
自然も周りに多く、近くには広場やテニスコートがあります。
慌ただしくうるさい環境ではないので、ゆっくりとした気持ちで故人と最期のお別れができるでしょう。
火葬場もあり、控え室もありますのでゆっくりと過ごせます。
最近ではこちらのお部屋で収骨までの時間精進落としをする方も増えています。
多目的の待合ロビーもありますし、人数葬儀場に呼んだとしても駐車場も広く150台以上停められるので安心です。

■相談を何回でもできる

葬儀は決して安い価格ではないので、しっかりと相談して納得したものにしたいという方は多いでしょう。
一度決めても自宅に帰ってから疑問点が出てきてしまった場合やほかにも良いと思ったことがあり相談したい場合は、気軽に聞くようにしましょう。
八富成田斎場では、お客様が納得したうえで葬儀ができるように、しっかりと相談を重ねたうえでどんなプランにするか提案してくれます。
簡単な説明だけで1回話をしたら終わりというわけではないので、安心して相談できるでしょう。
見積もりはしっかりとどのくらいの規模で行いたいのかヒアリングし、参列者数やプランごとに細かく提示も行います。
料金や行うプランが明確明瞭ですので、安心して頼めます。

■ゆっくりとした時間の中で葬儀ができてコロナ対策もバッチリ

葬儀のときは実際に時間もなく大変ではありますが、そんな中でも家族でゆっくりと故人との思い出を語りながらお見送りができる環境が整っています。
不安にならずに葬儀ができるように、新型コロナウイルスの対応策としてさまざまなことも行っていますので安心です。
ご高齢や持病のある方は参列を見合わせることも検討してもらい、会場も感染しないように小まめに換気を行っています。
特に窓やドアは小まめに開け、空気がこもらないように対策を行っているのです。
ほかにもソーシャルディスタンスを保つために、時間差で焼香をしており、遺族の負担にならないように滞在時間の短縮も行っています。

通夜、告別式の服装を教えてください

服装を選ぶ際にもっとも大切なのは『故人への哀悼の意を表す』という点を優先することです。
故に、地味な服装であれば喪服でもかまいません。
遺族でなければ通夜も告別式も地味な平服で参列してもかいません。
お通夜には、地味なものであればいわゆる「喪服」でなくてもよい、というのが原則です。
本来喪服とは遺族と近親者が喪に服していることを示すもの。
喪章もおなじで遺族側が着用するものと考えられています。
つまり、一般の参列者は喪服があればそれにこしたことはないですが、服装よりも気持ちを優先させて平服でも構わないのです。

詳しくはこちら>

葬儀と告別式にはどのような意味がありますか?

まず葬儀は、死者をこの世からあの世へと送り出す宗教的な儀式。故人の霊魂のための時間です。仏教での一般的なお葬式の流れで言えば、僧侶が読経を行っている時間がこれにあたります。
遺族やごく親しい人が中心になって営まれます。

次に、告別式は、故人の友人や知り合いが参加する社会的な儀式です。
参列者は、遺族に慰めの言葉を寄せ、ひとりひとりが焼香したり献花をするなどして、故人に最後の別れを告げます。

詳しくはこちら>

告別式について詳しく教えてください

かつて、人々は葬儀の後、墓地のある寺や火葬場まで、列を組んで遺体を送りました。
これを、葬列または野辺送りといい、これに代わって行われるようになったのが現在の告別式です。
そのため、もともと告別式は葬儀後に行われるものでした。

詳しくはこちら>