Q.お葬式の後に、まず考えなければならないことは何ですか?

A.四十九日法要の日程についてお考えいただいたほうがよろしいでしょう。役所の手続きや相続など、お考えいただくことはたくさんありますが、四十九日法要はお寺様、ご親族のご都合を伺った上で、日程を調整しなければならないからです。

詳しくは、せいなんのサポートブックを差し上げます。
こちらまでお問い合わせください(クリック)。

Q.ご用意いただいた後飾り檀は、四十九日を過ぎた後、どうすればいいのですか?

A.白木位牌は、お寺様でお焚き上げによるご供養して差し上げてください。
菩提寺がある方は、菩提寺にご相談ください。菩提寺のない方は、お焚き上げをされているかどうか、最寄りのお寺様にご相談ください。
白木位牌は、四十九日の法要を迎えるまで、故人様の魂が宿る場所です。四十九日の法要で御霊移しを行い、故人様の魂は白木位牌から本位牌へ移られ、白木位牌は空になります。
空になったとはいえ、四十九日の間、白木位牌には故人様の魂が宿っていたのですから、ご供養されたほうがよろしいでしょう。
後飾り壇や白陶器のお線香立て、リンなどは、四十九日の法要を終えられた後、せいなんにご連絡下さい。引き取りにお伺いいたします。
葬儀のことでしたら、どんなことでも「家族葬のせいなん」にお問い合わせください。
24時間365日いつでもお待ちいたしております(クリック)。

Q.四十九日法要の案内は、親族のどこまですればいいのでしょうか?

A.四十九日法要の後は、一周忌まで法要がありませんから、すべてのご親族にお声掛けされてもかまいません。最近では、ご高齢の方や遠方の方に配慮して、お声掛けした際に、一周忌にお集まりいただくので、四十九日法要は欠席でも構わないとお伝えされる方もいらっしゃいます。出席される、されないはご親族の判断にゆだねた方がよろしいでしょう。
葬儀のことでしたら、どんなことでも「家族葬のせいなん」までお問い合わせください。
24時間365日お待ちいたしております(クリック)。

Q.四十九日法要は自宅でしてもいいのですか?

A.問題ありません。菩提寺をお持ちでない方や、家族だけの法要を希望される方、お墓の用意が間に合わず、法要後に納骨をされない方など、ご自宅で法要をされる方の理由は様々です。お寺で法要を行われた場合は、法要後すぐに納骨することができます。
葬儀のことでしたら、どんなことでも「家族葬のせいなん」までお問い合わせください。
24時間365日お待ちいたしております(クリック)。