家族葬のせいなんの緊急事態宣言への対応について

◆従業員の取り組み

・必ず毎朝夕、体温チェックと体調管理シートに記録。

・37.5℃以上の発熱がある場合は、出勤を禁止し、医師の判断に従う。

・不用不急な訪問以外は避け、感染リスクを回避する。

・緊急事態宣言中は、自宅訪問をなるべく控え、訪問する場合、マスク着用し除菌薬を持参し消毒を徹底する。

訪問時間は1時間以内とし、十分な距離をとって接します。

・搬送の際は必ずマスクを着用し、ゴム手袋の上に白手袋を装着し、搬送終了後は消毒をし

ます。また、ストレッチャーや搬送車は毎日消毒します。

・当社従業員が感染確認された場合、国、県などの指導に従い対処します。

 

◆自社式場においての対応

・3密回避施設の宣言をします。

・式場に出入りするすべての方の手指消毒と体温チェックを実施・ご協力をいただき、

37.5℃以上の熱のある方や疑わしき症状のある方の入場はお断りいたします。

来館者の方には、来場者カードに必ず記載いただきます。

・お食事は遺族親族に限定し、お持ち帰りのできるお弁当のみといたします。

会食される場合、場所を分散して密を避け、20時以降の飲食は禁止させていただきます。

・式場での仮眠施設の利用は同一世帯の居住者で最大2名までとします。

・当社スタッフによる湯茶接待も禁止させていただきます。

・受付・焼香などマーキングを施し、適度な距離をとって対応します

・各式場50%の収容とし座席はホール30席、リビング10席とし間隔を空けて配置します。

・換気は1時間ごとに確実に実施します。

・式場利用後、換気を行い、椅子やテーブル・空間の除菌を徹底します。

・儀式時、当社スタッフはマスク・白手袋を必ず着用いたします。

・お客様については自前のマスク着用をお願いし、お持ちでないお客様で希望の方には

マスクを支給します。マスクを着用されていない方の入場をお断りします。

・緊急事態宣言が解除されるまでは、対面でのイベントは自粛をします。

 

◆火葬場においての対応

・消毒液を持参し、待合室に入室前に除菌いただきます。

・火葬場で通達されたものに関しては、それに従い行動します。

・火葬場に行かれる方は原則18名までとし、それ以上の場合は待機場所を車にするなど

分散してお待ちいただきます。

・当社スタッフによる湯茶接待も禁止いたします。飲み物は自動販売機などで各自購入をお願いいたします。

 

                                        

その他、国や県・市区町村のよりの発表・要請に伴い順次対応してまいります。

会社として感染拡大防止策に努めるとともに、お客様をはじめ、従業員、家族の健康留意を第一に考え、今後も迅速に対応して参りますので、皆様のご協力とご理解をお願いいたします。

以上

株式会社成南協心社